2007年10月11日

バスケット・ワタクシの場合

足組合の若手、ヒロさんから「バスケットはどう打つんですか?」の
ご質問を受けました。
できればワタクシが教えていただきたいジャンルではありますが、
既に何点もバスケットパターンの作品を発表しているので、
「あくまでもワタクシの場合」として画像とともに公開させていただきます。


07-10blog 020.jpg  07-10blog 021.jpg

まずは道具です。
水分補給用のスポンジ、石板、スウェーベルカッター、モデラ
各種刻印、ネジ捻、タンニン鞣しの革、ゴムハンマーです。

07-10blog 022.jpg  コピー 〜 07-10blog 023.jpg
 
07-10blog 024.jpg  07-10blog 025.jpg

07-10blog 026.jpg  07-10blog 027.jpg 

まずは革に水分を与えます。そして刻印のテストです。
画像順に、X502、X512、D436、A102-1/2、B701です。
今回はX502、A102-1/2、B701の3種類を使います。

07-10blog 028.jpg  07-10blog 030.jpg

ネジ捻でラインを引き、そのラインをスウェーベルカッターで筋彫りをします。

07-10blog 032.jpg  07-10blog 033.jpg 

筋彫りしたラインをB701を使い遠浅にします。さらにバスケットの
基本ラインを確認できるくらいの薄さに革に引きます。
そしてX502をラインに沿って交互にマーキングします。

07-10blog 036.jpg  07-10blog 037.jpg

07-10blog 039.jpg  07-10blog 040.jpg

マーキング→打ち込み→マーキング→打ち込み→・・・。を繰り返します。しんどいです(汗)
このとき、遠浅にした部分の周りはマーキングだけで打ちまないようにしています。
あとでボカシの刻印を打つので、あえて残します。

07-10blog 041.jpg  07-10blog 042.jpg

遠浅にしたラインにA102-1/2をバランス良く打ち込んでいきます。
さらにX502を被らないように注意して打ち込み完成です。

07-10blog 043.jpg

できるだけ簡単に説明したとは思いますが、ちゃんと伝わるかどうかは
なんとも言えません(汗)
不明なところがあればその都度お答えしたいと思います。

ヒロさん、レッツ・トライです。まずやってみましょう!(笑)
posted by ヨシヒロ at 13:39| 石川 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にありがとうございます!
写真もたくさんでわかりやすいです。サイコーです。
早速、時間が空き次第道具を購入しに行こうと思います。
道具が揃い次第レッツトライです(笑)。
Posted by ヒロ at 2007年10月11日 21:26
若手組合員のご指導有難うございます。
オイラも興味はあるんです、自分のモチーフが決まらないんですよ。トライバルも好きなんです、中学の頃から気が付くとトライバルに近い模様を落書きしていたことを考えるとポリネシアの血が濃いのかも知れません。
妻から陶芸をやってみないかと誘われても、焼き釜を先に考えるんですね・・環境を整えてからでないとかかれない。
今度の帰省でハンドプレスを使って効率的に打ち込みをする準備が整ったらやろうかなと考えています。
作業台のベースをきちんと作ったらラインの歪みを考えずにカービングできると思います。
ハンドプレスは菱目やカシメ打ちなどをセットしてテコの応用で楽に静かに作業が目的です、平目打ちも深く入れればレース編が楽にできます。
無論パンチングも考えています・・・
カービングに応用できたら最高ですね・・夢見て寝ます( -。-)スゥーーー・・・今日は不審船もどきの船があり大変でした・・・
Posted by G・G Rider at 2007年10月11日 21:55
ちょっとやってみようかなぁ〜。なんて気にさせる解り易い解説ですね。今度の休日に石屋さんに行って来ようかなぁ。
Posted by 買い物王 at 2007年10月12日 00:39
>ヒロさま

ある本を参考にしたところ、失敗ばっかりしたコトがあります(汗)
でも、魅力的な柄ですから自分なりにいろいろ考えて今回の打ち方に
落ち着きました。
最初は失敗することもあると思いますが、打てるようになると
作品の幅が広がりますので、ぜひ挑戦してくださいね(笑)
Posted by ヨシヒロ at 2007年10月12日 07:06
>G・G Riderさま

ご指導なんてとんでもないです(汗)
今回は自分の練習の意味合いもありましたからね〜
次のステップとして、ジオメトリック(幾何学模様)のスタンピングも
構想中です。バスケットのパターンも増やしたいですしね〜(笑)

トライバルは奄美支部長の得意技ですから、参考になさるといいですよ(笑)
その場合、基本はベベラ(斜角)になりますから遊び程度でも馴染んで
おくと
スムーズに入れると思いますよ〜♪
Posted by ヨシヒロ at 2007年10月12日 07:18
>買い物王さま

>ちょっとやってみようかなぁ〜。なんて気にさせる解り易い解説ですね。

ありがとうございます。でも、ここに爆弾がしかけてあります(笑)
一度ハマってしまうと簡単には抜け出せませんよ〜
とりあえず石屋さんで大理石板を買い物しちゃってください(笑)
刻印はぜひバリー・キングで!

買い物王さんのトートがバスケットで埋まることを楽しみにしています(爆)
Posted by ヨシヒロ at 2007年10月12日 07:26
めっちゃ分かりやすい説明画像ですね!!
教本よりも分かりやすくて皆さんにはありがたい説明だと思います。
私は説明下手なのでこう言うのは無理だな^^;


Posted by べっち at 2007年10月12日 10:36
>べっちさま

ワタクシは自分でやってみるまで「カービング作品」の現物を
見たことがありませんでした(汗)
カービング、特にバスケットに関しては未だに試行錯誤の日々です。

今回はヒロさんのリクエストもありましたが、何よりワタクシ自身が
いろいろな人のご意見を伺うため、あえて拙い技術を公開した次第です。
今後はクレイジーバスケットやジオメトリックパターンも
手掛けて行きたいッスね〜(笑)
Posted by ヨシヒロ at 2007年10月12日 11:16
お疲れさんです。
ようやく縫込み&編みこみガ終わりました。本当に達成感でしばらく休もうかなと言う気がしますが、明日は細部を仕上げてベルトと縁を切ります。
前から気になっていたパンチや菱目の錆を取ってペンキで塗ってしまいましょう、全部で50本以上あるからガンバンベ(^_^;)ペイントは本職ではないのですが同僚が船体整備に色んなペンキを使いますから使えるものがあるでしょう。当地は湿気が多くて塩害も強いですからアッというまに錆とカビだらけです。

物価は内地の3倍近いです、いい加減疲れてきたかな?暮らしにくいところですよ・・来週はベッチさんのところでゆっくりする予定ですが泥染を突詰めたいと思います。
Posted by G・G Rider at 2007年10月13日 21:51
>G・G Riderさま

お疲れ様でした〜
ベルトの編み込みは大変やったと思いますが、その分の達成感は
充分味わえたんじゃないですか?
ここらで一息ついてもいいと思いますよ〜(笑)

ワタクシもこないだのトートの反動で、なかなかコンペ用の作品に
取りかかれません(汗)
今日もキーケースに遊んでもらってましたよ(苦笑)

そろそろガツン!とデザイン画でも・・・。
Posted by ヨシヒロ at 2007年10月13日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60141647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。